育毛剤の副作用

育毛剤の副作用

育毛剤は大きく分けると、専門機関が作ったものと、育毛に有効とされているもので生み出された民間療法寄りのものが挙げられるのです。
優れた育毛効果が得られると言われる育毛剤には、副作用を引き起こすものがあるので、安全性の面から使用を決め兼ねている人もいるでしょう。
副作用を引き起こすような育毛剤は、元々ほかの病気の治療薬として使われていた際に予期せず副作用で発毛の症状が与えられたという理由があって開発に至ったものなのです。
そのため、過去に疾患があった人は、素直に育毛剤を受け入れられなくても仕方がないと言わざるを得ません。
そのような場合には、自然素材なら安全でしょうから、自作の育毛剤を目指してみるというのも良いでしょう。
柑橘類の皮から抽出できるリモネンという精油には抜け毛を防止する効果があるとされています。
さらにみかんの持つアミノ酸には育毛効果をもたらす栄養を毛乳頭に送り込む働きがあると言われています。
他にも、頭皮に現われた炎症を和らげる効果があるということが知られています。
育毛剤の通販商品として有名な「黄金樹」「黄金宮」「柑気楼」については、みかんから作り出されています。
段々にみかんを使って自分でオリジナル育毛剤を作成する人が増加傾向にあります。
みかんなどの柑橘類20個と焼酎1升があれば作れます。
作業をする時に忘れてはいけないのが、皮についた状態の薬剤などを良く洗い流しておくことです。
育毛剤なので、頭皮に直接つけるものですから、良く洗ってよく洗ってキレイにしてから使いましょう。
皮を剥き、ヘタを取った状態で3日程度乾かし、焼酎に約2週間漬けた後、みかんの皮のみ除いた状態で、そこから2ヶ月間置いておくと完成です。
濃度については、自分の頭皮にとって理想的な状態になるように、薄くしたりとコントロールすることが可能です。